ビリヤードのキュー

ビリヤードのキューは安い買い物ではありませんので、大事に取り扱い長く使用したいですね。購入に関しては楽天市場のような多くの商品を扱う通販をお勧めします。なんと言っても値段が違います、安くてよい品が沢山見つかるので悩むかもしれませんね。

初心者はビリヤードのキューを購入したらまず何をしたらいいのか悩む人も多いようですが、メンテナンス用品も一緒に購入してしまいましょう。

タップやメンテナンス用品は幾つあっても困らないですから、安く仕入れるのが吉です。近所の専門店でも良いですが、初心者は意外と入店しづらいですし、難しい説明を受けると高い商品を買ってしまう危険もありますから・・・

通販ショップの商品説明と口コミサイトを利用して、自分が気に入って予算内に納まる買い物が初めは良いと思います。余程上手になったら専門店で拘ったキューを選んでも良いと思いますよ。

シャフトやキューの切れ味、パワーの違いが判ってから高価なキューを購入するのがお勧めです。

大事に取り扱い

ビリヤードのキュー(ビリヤードでは、その競技によって、違う種類のキューを使用します)は安い買い物ではない為、大事に取り扱いほんの少しでも長く使用するようにした方がいいです。軽く剥がすのが基本ですので、ちょっとずつ様相を見つつ行ないましょう。ビリヤード(お酒を飲みながらビリヤードができるバーを「プールバー」と呼びます)のキュー(ビリヤードのプレイ用の道具の一種で、キュー・スティックというのが正式名称です)を購入したらまず何をしたら良いのか悩まれる方も多いみたいです。

ビリヤード(お酒を飲みながらビリヤードができるバーを「プールバー」と呼びます)で使うキュー(ビリヤードのプレイ用の道具の一種で、キュー・スティックというのが正式名称です)を湿気から守るためのニスですから、いきなり全部剥がしてしまったりすると湿気の影響をすぐに受けてしまうでしょう。何日か間隔をあけつつちょっとずつ剥がしていくといいでしょう。

梅雨の時期などは避けるほうが良いとされていますねので、6月と9月には行なわないほうがいいでしょう。やり過ぎには警戒です。あくまでもニスを剥がすための行為なので、シャフトまで削らないようにされて下さい。きちんと手入れを行ないつつ扱えば愛(人に与えることでもらえるようにもなるそうです)着も沸いていきますし、手にも馴染み更に、使いやすいキュー(ビリヤードでは、プレイヤーがそれぞれ、自分の手球を撞くために使用する棒のような道具をいいます)になっていくのです。ビリヤード(キャロムビリヤード、ポケットビリヤード、スヌーカーなどがあり、キュースポーツと呼ねれることもあるようです)のキューは保管や手入れ次第で20〜30年は使用出来るから大事に扱っましょう。

湿度の高い日

ビリヤードのキューが汚れてしまったら、気になってしまいすぐに華やかにしたくなるかと思いますが、湿度の高い日や湿度が高くなるシーズンには汚れは落とさないようにしてください。ビリヤード(特に女性受けが高いスポーツの一つでしょう。大型のゲームセンターなどでも、ビリヤードテーブルが設置されていることがあります)のキュー(ビリヤードのキューの種類としては、ポケットキュー、キャロムキュー、スヌーカーキューなどがあります)に付いた汚れが酷い場合には、水かぬるま湯につけてから、固く絞ったタオルなどで拭きて下さい。購入したばかりのキュー(ビリヤードのキューの種類としては、ポケットキュー、キャロムキュー、スヌーカーキューなどがあります)はしっかりと中まで乾燥していない状態の物が大抵なので、すぐに拭いたりしてしまったりすると湿気が強くなってしまう為、購入直後には汚れ落としなどはしないようにしたほうがいいのかもしれないですね。

ビリヤードのキュー(ビリヤードのプレイ用の道具の一種で、キュー・スティックというのが正式名称です)は木製の物が多いために、汚れが付いて拭いたりした後は必ずしっかりと乾いたタオルで拭いて、湿気からキューを守ってあげましょう。糸巻きのグリップの部分が汚れてしまった場合には、中性洗剤を溶かしたぬるま湯の中にタオルを浸し、固く絞って拭きてください。皮製品の場合には皮用のクリーナーを使用して汚れを落とす手法もありますよ。

ビリヤード(キャロムビリヤード、ポケットビリヤード、スヌーカーなどがあり、キュースポーツと呼ねれることもあるようです)のキューに付いた汚れの落とし方そうはいっても、キューを真っ直ぐに立てた状態で行ないらっしゃるかもしれませんね。乾いたタオルを使用して拭くようにしてください。

マイビリヤードキュー
アダムジャパン
ビリヤードキューのパワー
ビリヤードキューの特性
ビリヤードキューのシャフト
タップの交換
キューのコーナー
キューを買ってもいいや
リンク
リンク集1

運営者情報

【運営者情報】
当サイトはリンクフリーですが、次にあげるような内容のサイトはお断りします。
・アダルト関連の記事を扱うサイト
・誹謗中傷を主としたサイト
・著作権侵害の恐れがあるサイト

プライバシーポリシー

当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。
取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。

RSSリーダーに追加

iGoogleに追加

My Yahoo!に追加

QRコード